1. タイムズカーレンタル トップ
  2. Service X
  3. トピックス
  4. クルマ
  5. NISSAN フェアレディZ S30をレストアしました。
クルマ

NISSAN フェアレディZ S30をレストアしました。

フェアレディZ S30は昭和50年に製造されました。
この年代の車両は旧車と呼ばれ、様々な箇所にガタがきています。
Service X の車両も例にもれず、レンタカーデビューのためレストアしました。

燃料タンク内に発生した大量の錆。
これがミッションシール。
燃料は黒いホースから白いフィルター二つを通り、不純物を除去。
左がすり減ったクラッチ板、新品に交換。

【行われたレストア箇所】 NISSAN フェアレディZ S30

①フィルターに錆が詰まり、エンジントラブルが発生する為、タンク内の錆を除去、洗浄しました。
②万一錆が発生しても、綺麗な燃料をエンジンに送れるようにフィルターを一つ増設しました。
③クラッチマスターシリンダーのオーバーホールし、中を新品に交換しました。
④すり減ったクラッチ板を新品に交換しました。
⑤劣化したブレーキホースを新品に交換しました。
⑥劣化したミッションシールを新品に交換しました。
⑦へたったリアサスペンションのコイルスプリングを交換しました。

Service X トピックストップへ